HOME  >  FABEX2014開幕 初日来場者2万643人 来賓に吉川農林水産副大臣、

FABEX2014開幕 初日来場者2万643人 来賓に吉川農林水産副大臣

2014年04月02日


日本食糧新聞社主催の「第17回ファベックス2014」「第11回デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展」(協同組合全日本洋菓子工業会共催)、「第2回食品&飲料PB・OEMビジネスフェア2014」が2日に開幕し同日2万643人の来場者を迎えた。昨年対比約1000人増には、新大型企画「コーヒーフェストラテアート世界大会」、主催者特別セミナーなど人気プログラムが貢献しているもよう。同時開催の「第39回2014食肉産業展」「ワイン&グルメジャパン2014」「2014麺産業展」ともに、4日午後5時まで東京ビッグサイト東1~4ホールで開催される。(山田由紀子)
 
 2日午前にファベックス、デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展、食品&飲料PB・OEMビジネスフェア、ワイン&グルメジャパンの合同開会式を開催した。来賓に𠮷川貴盛農林水産副大臣、西藤久三食品産業センター理事長、堀冨士夫日本惣菜協会会長、石原葵日本べんとう振興協会代表理事・会長、篠田昭新潟市長、主催者として今野正義日本食糧新聞社代表取締役会長CEO、加藤信協同組合全日本洋菓子工業会理事長、片岡寛FABEX2014運営委員長(一橋大学名誉教授)、同運営委員の見目洋子専修大学商学部教授、ミヒャエル・ドライヤーケルンメッセ会長、ドイツワインプリンセスのサビーネワーグナー氏が参列した。



今野正義 日本食糧新聞社代表取締役会長CEO


主催者代表として今野会長CEOは「消費税率が上げられた翌日に、大変厳しい経済環境を乗り越え過去最高規模の出展を得た。主催者として産業振興の一翼を担い、商談の場を広げ、需要の喚起に務めたい」と感謝の意を述べた。
 
 
 
片岡寛 FABEX運営委員長(一橋大学名誉教授)
 
 
  片岡運営委員長は「東日本大震災以降和食への回帰、安全・安心、健康志向を強める意識変化が顕著になり、外食産業ではプチ豪華、ちょい高めなどハレニーズが生まれている。フードからミール、モノからコトへの動きではないか」とした。
 
 
吉川貴盛 農林水産副大臣
 
 川農林水産副大臣は「本展のメーンテーマは「食品業界の価値あるコラボレーション『技術』と『メニュー』で食の未来を革新」だが、農林水産省でも農林水産業の6次産業化、農林水産物の輸出促進など『攻めの農林水産業』を今年実行元年と位置づけ取り組んでいる。皆さまと官民一体で食品関連産業の市場規模拡大に取り組んでいきたい」と呼びかけた。



 会場の様子
 
※ 吉川副大臣の『吉』は正式には上の『士』が『土』
ページのトップへ