HOME  >  第9回グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト、優勝は「菓子工房オークウッド」の西村一寿氏

第9回グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト、優勝は「菓子工房オークウッド」の西村一寿氏

2015年04月16日









全日本洋菓子工業会と日本食糧新聞社の共催による「第9回グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト」の決勝大会が15~16日、「第12回デザート・スイーツ・ベーカリー&ドリンク展」で開催された。86点による予選を突破した12人が技術を競い、「菓子工房オークウッド」(埼玉県)の西村一寿氏が優勝した。(村岡直樹)

「皿盛りデザート」として知られるアシエットデセールは欧州では人気のジャンルで、国内でも年々注目を集めている。大会では多岐に渡る項目で評価、ハイレベルな作品が出揃った。

優勝した西村氏の「ソッフィオーネ」華やかな黄色を基調に、フルーツやジェラートなど複数のアイテムを組み合わせた高難度の作品。高い味覚性に加え、見る者を幸福にする芸術性や課題の理解度、技術力などで高評価を獲得した。西村氏は「受賞は協力してくれた周りの方々のおかげ。今後の業務を通じ、さらにレベルアップしたい」とあいさつした。

▽大会会長=加藤信(全日本洋菓子工業会理事長、二葉製菓学校校長)▽大会副会長=今野正義(日本食糧新聞社会長CEO)▽実行委員長=細内進(同工業会副理事長、ゴンドラ社長)▽実技審査委員=加藤信、金子亮一(同技能局次長、マッターホーン社長)、望月完次郎(帝国ホテル東京調理部次長兼ペストリー課長)江森宏之(グラッシェル、第4回優勝)、フランチェスコ・ジョルダーノ(カルピジャーニ・ジャパン)(敬称略)
ページのトップへ